Make your own free website on Tripod.com

H


Hug, Simon. 2000. "Studying the Electoral Success of New Political Parties: A
  Methodological Note." Party Politics. 6(2): 187-97.
  新党についての研究はともすれば,それらの成功について説明するものになり
 がちであるが,そこにセレクション・バイアスがあることを指摘.


Huckfeldt, Robert, Ken'ichi Ikeda, and Franz Urban Pappi. 2000. "Political Expertise,
  Interdependent Citizens, and the Value Added Problem in Democratic Politics."
  JJPS. 1(2): 171-95.
  政治的コミュニケーションの国際比較.

Hibbing, John R., and Elizabeth Theiss-Morse. 2001. "Process Preferences and American
  Politics: What the People Want Government to Be." APSR. 95(1):145-153.
  政策だけではなく,政治過程に対する有権者の選好が,政府に対する態度を大きく規定
 していることをNESデータを使って実証.

Hill, Jennifer,  and Hanspeter Kriesi. 2001. "An Extension and Test of Converse's
   "Black-and White" Model of Response Stability." APSR. 95(2): 397-413.
  P. Converseの"black and white" model (回答者をopinion leaderとunstable opinion
    changerに2分) をスイスのデータで検証
【手法】finite mixture model
【結論】
 1.回答者集団の三分法が有効
   (1) opinion holders:一貫した主張を維持
   (2) durable changers:主張を変えるときに合理的な理由あり
   (3)vacillating changerws:主張を変えるときに合理的な理由なし
 2.unstable groupの回答はランダムというよりambivalence
      support to Zalller (1992)
 3.回答の不安定性は測定誤差によるというAchen (1975) の説を批判.
  測定誤差ではなく,人口のかなりの部分において主張が不安定.