Make your own free website on Tripod.com

Crawford, Sue E. S., and Elinor Ostrom. 1995. "A Grammar of Institutions." APSR. 89(3): 582-600.
 「制度」概念およびその関連概念の用法についての提案

Cox, Gary, Frances McCall Rosenbluth, and ichael Thies. 1999. "Electoral  Reform and
  the Fate of Factions: The Case of Japan's Liberal Democratic Party." BJPS. 29: 33-56.
 1994年の選挙制度改革によって,自民党における派閥の重要性が低下したことを主張.

Carey, John, and Matthew Soberg Shugart. 1995. "Incentives to Cultivate a Personal
  Vote: a Rank Ordering of Electoral Formulas." Electoral Studies. 14(4): 417-439.
  個人票獲得のインセンティヴを高める3要因
 (1) 名簿順位についての党のリーダーシップの欠如
 (2) 党派性から独立して個人票を集める候補者がどの程度いるか
 (3) 有権者が,政党への投票や複数票ではなく,政党内競争下の1票を投じているのかどうか
 選挙区規模が大きければ大きいほどpersonal voteを獲得するインセンティヴは拡大する.

Clarke, Harold D. and Motoshi Suzuki. 1993. "Partisan Dealignent and the Dynamics of
  Independence in the American Electorate, 1953-88." BJPS. 24: 75-77.
  アメリカにおける無党派層 ("independence") の分析.1967年までは,インフレや失業など
 の経済要因は無党派層の増減に影響がなかったのに対して,それ以後は物価上昇や失
 業が増えると,無党派層を増やすようになった.手法として,個人レベルの変化とマクロ・
 レベルの変化を組み合わせた switching regression (nonlinear) を採用.