Make your own free website on Tripod.com
2月6日(水) EACH TIME (E. Ohtaki)

 今日は朝からキャンベル教授の日本政治のセミナーでした.2時間英語聞くと
頭がほんとつかれちゃいますね.おまけに今回はnote takerなのでまじめに聞い
てましたからなお.
 さて,昨日発見したのですが,かの大瀧詠一氏がBSデジタル放送でラジオ・
パーソナリティとして復活だそうです.興味のある方はこちらからどうぞ. 結局の
ところ,私の青春なんてみゆき,ユーミン,達郎,ナイアガラ・トライアングルvol.2
ってなもんですからねえ.
 しかしこんな風に,インターネットのマルチ・メディア化が進んでくると,我々大学
教員にも影響が来そうですねえ.そのうち講義はほとんどデジタル・ビデオ化して
学生に提供する(学生じゃなくても金を払ってくれたらアクセス認めるとか),教室
ではそれを前提に議論を中心に進めるとか,双方向性重視でやらなくてはいけな
くなりそうですねえ.でもそのためには私学なんてそれでなくても学生が多くて,み
んなきたら教室があふれるなんてところもあります.たくさんのTAと十分なスペー
スが必要でしょうねえ.で,その金はどっから出るの?ってなことになりますか.
 結局,ラクなんですよね,一方的かつ権威的に講義だけしているのが一番.それ
に双方向でやろうというときには,学生が予習してくることを前提にしなければいけ
ないわけですが,さてこの前提はどうやって満たしたらいいのでしょう?一科目だ
けそんなことしても,かなりマジメな人をのぞいて,大多数の学生はその科目を履
修しないという選択で応じてくるでしょうし.
 科目の難易度にもポイントをつけるとかするのかなあ.難しい科目に挑戦してい
い成績をあげたら,その分学生の評価もあげるとか.でもこんな話,教授会じゃ通
らないだろうなあ.
 日本の大学教育は一体どこへ行くんでしょうねえ.


2月のラインナップへ


最新の近況へ